こんにちは、事務局スタッフ柴子です。
毎朝の蜘蛛の巣払いにしびれを切らし、ついに蜘蛛忌避剤を購入し、自転車に散布しました。
今日は蜘蛛の巣がありませんでした!これで朝快適に自転車に乗れそうです🚲😆

本日は阿武町教育委員会から、石田さま、松永さま、小野さまがご相談にいらっしゃいました。
ご相談内容は、今年度から実施する「こどもミライプロジェクト」について😊
「こどもミライプロジェクト」は、希望する小学5年生から中学1年生が対象となるそうで、
その中に、子供たちが職業について知る「ジョブチャレンジ」があるそうです👨‍🍳👩‍🔬
“しごと”や“働き方”“働く人の思い”を知ってもらう機会にしたいと考えていて、その内容についてご相談に来てくださいました。
獅子野センター長ははぎビズの開設当初から、
「高校、大学、就職と進路を決める時に、出身地の事業者について知る機会がほとんどなかった。
地元を離れた後で、益田にデザイン会社があることを知って、もっと早く知りたかった!と思った。
つまり、地元の輝いている大人を知る機会、触れ合う機会、話す機会が少ないのだと思う。もっとそういう機会を作ることができたら」
とよく話していらっしゃいます。
各学校での講演の際、はぎビズがサポートする頑張っている事業者さまのことは、たびたびご紹介させて頂いているのですが、
こうして直接的に、生徒さんたちが仕事に触れる場面に関わるチャンスに張り切っています💪😤
子供たちに、「将来仕事に就く」イメージを持ってもらうためにはどうしたらいいか?🤔
阿武町教育委員会の皆さまは、「職業体験をしてもらうだけで、子供たちは『将来』に対するイメージを持てるのだろうか?」と悩んでいらっしゃいました。
獅子野センター長は、今までの学校での講演の中で、「夢がない」「将来が不安」と口にする生徒が印象的だったことを話しました。
「将来就きたい職業」のイメージは、進路選択にも大きくかかわってきます。
例えば、家を建てる時には、どんな職業の人たちがかかわっているのか?
「そんな職業もあるのか!」
という発見があれば、「こういう仕事がしたいから、この大学の、この専攻に進学したい」という道筋が見えてくるかもしれません😲✨
そんなきっかけにもなるような活動にするにはどうしたらいいか、これからも引き続きご相談に来てくださることになりました。
獅子野センター長は、萩市内の事業者さまのご紹介もしていましたよ。
柴子も、はぎビズに応募したきっかけは、「考えてみれば、私は萩市内にどんな事業者さんがいるのか、全然知らないな」と思ったことでした。
阿武町の「こどもミライプロジェクト」に参加する生徒さんたちが、どんなお仕事とどんな出会いをすることになるのか、楽しみですね!🤩
IMG_0462
「こどもミライプロジェクト」の開始が楽しみな阿武町教育委員会のみなさま。
引き続きはぎビズが、伴走応援いたします!🏃‍♀️💨

【阿武町教育委員会(阿武町役場)】
http://www.town.abu.lg.jp/
〒759-3622
山口県阿武郡阿武町大字奈古2636番地
TEL / 08388-2-3110
FAX / 08388-2-2090
MAIL / soumu@town.abu.lg.jp

【はぎビズ】
https://hagibiz.net/info/
〒758-0024
山口県萩市大字浜崎町209番 萩市インキュベーションセンター内
営業日 / 火曜日~土曜日(日月祝休)
営業時間 / 9:00~17:00
TEL / 090-7130-4520
FAX / 0838-21-5022